2005年03月26日

Lippi demands Azzurri victory

Italy代表監督のMarcello Lippiは、Scotland戦は勝利以外何も望まないと選手達に伝えた。

続きを読む
posted by Neo at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アッズーリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lippi lines up offensive Italy

Italy代表監督のMarcello Lippiは、土曜日のWorld Cup予選のScotland戦で、3トップを選択しようとしている。

続きを読む
posted by Neo at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アッズーリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

Roman duo excite Gilardino

Alberto Gilardinoは、Italy代表でFrancesco TottiとAntonio Cassanoと共にプレーすることを非常に楽しみにしている。

続きを読む
posted by Neo at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アッズーリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Italy have Totti worry

Italy代表のスター選手であるFrancesco Tottiは、土曜日のWorld Cup予選のScotland戦に間に合うように奮闘している。

続きを読む
posted by Neo at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アッズーリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Preview: Italy still on the offensive

Italy代表監督のMarcello Lippiに召集されたアタッカー達には、それぞれScotlandとのWorld Cup予選でいいプレーをしたいという理由がある。

続きを読む
posted by Neo at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アッズーリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

Azzurri confirm Iceland friendly

Marcello LippiのItaly代表は、World Cup予選のScotland戦の4日後にIcelandと親善試合で対戦する。

続きを読む
posted by Neo at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アッズーリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

Italy VS Russia

International Friendly - 9/2/05 (21.00)
Italy 2 - 0 Russia
Gilardino 55 (I), Barone 62 (I)
Stadio Sant'Elia, Cagliari (15,750)

Alberto GilardinoとSimone Baroneがゴールを決め。Italyは2度ポストを叩き、Russiaを親善試合で2-0で破った。

Marcello Lippiは、怪我をしたAntonio Cassano抜きでの試合を余儀なくされたが、この試合で3トップを試した。Aimo DianaとAlessandro Nestaは体調面で欠場し、Marco Materazziが4バックに入った。Lippiは来月のワールドカップ予選のScotland戦も今回の試合と同じようなメンバーになることを認めた。

試合開始前、Cagliariで引退した背番号11の伝説のイタリア人スターGigi Rivaのセレモニーが行われた。Azzuriは人種差別撤廃運動の一環として白いユニフォームを使用しようとしたが、審判は既に黒と白のシャツを着たロシアと見分けがつき難くなるためこれを認めなかった。

最初の枠内シュートは試合開始90秒のAndrea PirloのフリーキックをGiuseppe Pancaroが合わせたもので、Malafeevは片手でこれをはじき出した。

Montellaはすぐ後にネットを揺らしたが、議論の余地の残るオフサイドによりゴールは認められなかった。この時、Christian VieriはFrancesco Tottiの浮き球のパスに走り続けており、Montellaがこれをかさっらった。

すぐ後には、Gennaro Gattusoが中央から突破し、Vieriにすばらしいパスを通したが、9ヤード外にシュートをはずした。TottiがMontellaにスルーパスを通した時のローマコネクションはすばらしかった。Montellaは2人のディフェンダーの間に走りこみ、角度のついた強列なシュートは、Malafeevが体を命いっぱい伸ばして防いだ。

Italyは試合を前半から制し、Vieriはゴールを背にし、エリア内でMontellaのパスを受けたが、前を向こうとしたときは、Zhirkovがうまくボールを奪った。

Russiaが最初のチャンスを得たのは20分過ぎのことで、ディフェンスのミスにつけこみDaniele BoneraがKerzakovのシュートを防ぐために伸ばした足に当たったボールが、ファーポストに外れていった。

Montellaは再び走りこみ、Pirloからハーフウェーラインからのロングパスを受けたが、キーパーがうまく角度を消したため、彼の弱点の右足のシュートは外側のネットを揺らした。

Russiaは時間が進むにつれて殻から出てきたが、Fabio CannavaroのすばらしいタックルでSychevをエリア内で止め、ピンチを防いだ。

すばらしいTottiの踵によるパスはディフェンスを棒立ちにさせたが、Vieriがオフサイドに引っかかり、プレイは止められた。

Italyは35分最高のゴールチャンスを得た。TottiがMontellaにパスを送り、MontellaのクロスボールがVieriに渡ったが、Interのスターのヘディングシュートはポストを叩いた。

Azzuriは、5分後に再びポストにシュートをはじかれると、徐々にフラストレーションをためていった。この時のPirloのカーブのかかったシュートに、キーパーは一歩も動けなかった。

LippiはCagliariのローカルスターであるMauro EspositoとAntonio Langellaを後半に投入することで、Cagliariの観衆を沸かせた。Langellaにとってはこれが代表デビューとなり、Gilardinoも投入することで3トップを全て交代させた。PalermoのSimone BaroneもDaniele De Rossiと交代で投入された。

二人のサルディニア人は大きなインパクトを与えた。デビューから55秒以内で、EspositoがLangellaにスルーパスを通し、角度のついた強烈なシュートは、すばらしいセーブに防がれた。Gilardinoはこぼれ球を決め切れなかった。

Espositoはすぐ後にシュートを防がれたが、Andrea Pirloは膝の怪我でJuveのManuele Blasiと交代した。

ゴールは結局55分にすばらしいチームの動きから生まれた。EspositoがGilardinoに浮き球のパスを送り、角度のない位置からこれを決めた。

Azzuriは交代で入った選手のすばらしいシュートで、点差を広げた。中盤のBaroneがペナルティーボックス付近のこぼれ球を拾い、放ったシュートは幸運にもゴール右上に決まった。MalefeevはPalermoの選手のすばらしいシュートに動くことさえできなかった。

Gianluigi Buffonはすぐ後に、最初のセービングをした。Sychevのよく狙ったシュートを足を使って防いだ。

FiorentinaのフルバックのGiorgio Chielliniは最後に交代で入った選手であり、Milan のベテランGiuseppe Pancaroと交代した。

Gattusoは中盤ですばらしいプレーをして、Epositoにパスを通したが、Cagliariのスターのロブは3-0にすることはできなかった。

BuffonはSychevやKaryakaが単独突破をするため、ほとんど仕事をする機会がなかった。Karyakaは怪我により交代した。

Langellaはディフェンスのミスによって、ゲームから消えていた。一方SychevはAzzurriのディフェンスが集中力を失ったときに、へでリグシュートを放ったが、バーの上に6ヤード外した。

Dainiele Boneraのスルーパスから抜け出たGilardinoをすばらしいタックルで止め、Bugayevはコーナーキックでは攻撃に参加した。

ロシアはこの試合で最大のチャンスを得た。BoyarintzevがChielliniを右にかわし、強烈なシュートを放ったが、ファーポストをわずかに外れた。

Italy: Buffon; Bonera, Materazzi, Cannavaro, Pancaro (Chiellini 68); Gattuso, Pirlo (Blasi 50), De Rossi (Barone 46); Montella (Esposito 46), Vieri (Langella 46), Totti (Gilardino 46)

Russia: Malafeev; Evseev, Sennikov, Bugayev, Aniukov; Zhirkov, Loskov (Alenichev 46), Ismailov (Boyarintzev 46), Khoklov (Karyaka 46) (Kolodin 77); Sychev, Kerzhakov

Ref: Michel (Slk)

channnel4.com

banner.png
posted by Neo at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アッズーリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

イタリア代表(ロシア戦採点)

Buffon
味方ディフェンスが動けなくなった最後の10分まで、彼は試合のほとんどの時間で傍観者であった。幸い彼は十分警戒しており、シチェフのシュートを防ぎリードを保った。
6/10

Bonera
確実にU21時代から最高のパフォーマンスの一つを見せた。明らかにロシアが本調子でなかったとしてもだ。
6.5/10

Cannavaro
ミスしがちなMarco Materazziのとなりでキャプテンとしてうまくプレイした。
6.5/10

Materazzi
Sandro Nestaがインフルエンザで離脱したとき、一部には最悪の事態を予想した人もいたが、Materazziはうまくプレイした。しかし、野蛮で危険な両足タックルによってカードをもらわなかったのはラッキーであった。
6/10

Pancaro
まずまずのディフェンスとほとんど攻撃をしなかったミランのディフェンダーには静かな夜であった。彼はGianluca Zambrottaのようにはプレイできない。
6/10

De Rossi
大きな失望であった。左サイドに置かれ、居心地が悪そうに見え、我々が感嘆してきたようなプレーヤーではまったくなかった。ハーフタイムの交代は正解だ。
5.5/10

Pirlo
彼がスリートップと共存できるかについては疑問がなお残っているが、何本かよいパスを通した。彼の夜は怪我により短くなり、フリーキックがバーに当たったのは不運であった。
6/10

Gattuso
疑問なくマンオブザマッチ。彼のトレードマークのタックルは最高のものだったが、エンターテイメイト性に富んだドリブル技術で観客を魅了した。
7.5/10

Totti
45分間の出場の間、ピッチを走り回った。彼は、イタリア代表のために役に立つVieriやMontellaとよく意思の疎通が取れている。
6/10

Montella
行き詰った試合の中で少なくとも一度はネットを揺らすべきであった。セリエで得点を続ければ、またチャンスを与えられるだろう。
6/10

Vieri
よく動いたが、ヘディングシュートがポストに当たった不運があったとはいえ、2度の明確な得点のチャンスを逃した。お帰りChristian。
6/10

サブ

Chiellini
パンカロに代わり、残り20分間左サイドバックでプレー。
No vote

Barone
彼は、彼のすばらしいシュートで勝利を確実にしたこの試合を決して忘れないだろう。
6/10

Blasi
怪我のピルロに代わり、中盤に強さを与えた。ロシアを困らせ、いつものようにタックルした。
6/10

Esposito
この試合のポジティブな要素のひとつになった。Espositoの右サイドでの速さはロシアに衝撃を与え、すばらしいアシストでGilardinoのゴールを呼び込んだ。
7/10

Gilardino
ほとんど瞬間的に、角度のないところから強烈なシュートを決めた。イタリアサッカーの真の掘り出し物。
6.5/10

Langella
彼は国際試合のファーストタッチでほとんどゴールしかけたが、残りの時間はもがいた。ホームでデビューする感情に影響された。
5.5/10

Coach Lippi
ハーフタイムに3トップの一人を変えたことは勝利を決定的にした。
7/10

channel4.com

banner.png

posted by Neo at 23:16| Comment(0) | TrackBack(1) | アッズーリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。