2005年03月26日

Zeman joins doping debate

Gennaro Gattusoが血液検査を受けることを拒否したことで、Zdenek Zemanがドーピング論争に戻ってきた。一方、Prime Ministerは、このMFを支持した。

「これは、ドーピングに対する戦への新たな決定的な一撃だ。」と、このLecceの監督は酷評した。
「もし、シーズンが始まる前に、このスポーツに新たなイメージを与える合意に達していたなら、この事件の後、混乱状態は避けられていただろう。」

今週、この検査は強制的なく、彼らは義務の尿検査は行ったが、MilanのGattusoとGiuseppe Pancaroの2人が抽選の薬物検査での血液の提供を拒否したことが明らかにされた。

さらに10人の選手が、今シーズンから血液検査から実施されて以来、同様の手段をとったことが、後に明らかとなった。

「私は、血液検査を拒否した選手が、Italyの代表レベルの試合には出場できないと言われたことを覚えている。」と、Zemanは続けた。
「以前言われていたことが、現在は明らかに何の価値もなくなっている。」

Zemanは、数年前にItalyでドーピング論争を引き起こしたことがある。当時、彼はJuventusのスター選手たちが与えられた医療治療に大量のアスピリンが投与されていると言い放ち、実際捜査が始まり、結局Juventusのクラブドクターが有罪になった。

しかし、Gattusoは、彼が血液検査を拒否したのは、検査の環境が「非衛生的」なためだと指摘し、後にItaly代表のCovercianoの練習場で検査を受けた。

「彼が拒否したのは、単にこのルールを強制的なものに変えるためだったと理解できる」と、Milanの会長であり、ItalyのPrime MinisterであるSilvio Berlusconiは主張した。
「そのうえ、彼は無作為に16回も薬物検査の対象となっており、誰も16回も注射されるのは好まない。」

Italy代表のチームメートも、Juventusがドーピング裁判によって受けた影響について明らかにし、Gattusoを弁護した。

「この問題の全体像が暴露される前に、選手達はメディカルスタッフのことを正しいことをしたいたと盲目的に信用していた。」と、BianconeriのGKは説明した。
「現在は変わったよ。Gattusoに関して言えば、もし蹴る駅検査が単純に任意なのであれば、なんでみんなこんな大騒ぎをしているんだろうね。」

channel4.com


banner_03.gif

この記事を気に入っていただけたらクリックしていただけると嬉しいです。


プロ野球スピリッツ2
プロ野球スピリッツ2
posted with amazlet at 05.03.26
コナミ (2005/04/07)
売り上げランキング: 14
近日発売 予約受付中
おすすめ度の平均: 4.75
5 やっと
5 毎回買ってます!
5 すごく楽しみです。

posted by Neo at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。